header.png

ニュースリリース

「ネコSHOGIバトル」 マニュアルが新しくなりました!

nsblogo_web.jpg~新感覚カードゲーム「ネコSHOGIバトル」完成!~
「ネコSHOGIバトル」とは、将棋をモチーフにしたカードゲームで、駒の特性をイメージしたネコがキャラクターです。カードならではのたくさんの遊び方があります。特殊カードを使うことによって運の要素が入り、将棋を知らないかたや小さいお子様など、どなたでも楽しく遊ぶことができます♪

nsbcharacter_web.jpg

「ネコSHOGIバトル」や関連グッズは
LPSAオンラインショップにて、
大好評発売中!ぜひゲットしてね♪

%E5%B3%B6%E4%BA%95%E9%A1%94%E4%B8%B8.jpg担当・ 島井咲緒里 女流二段 コメント

 「将棋って難しそう」「勝てないとつまんない・・・」
 将棋に興味はあっても、初心者にはなかなか楽しむことが難しい面もあります。
 将棋は全ての駒が見えていて、一手一手自分の意思で駒を進めることができる点が面白く奥深いところでもありますが、棋力に差があっても逆転できるような、運の要素を取り入れて誰でも楽しく遊ぶことはできないか・・・?という視点から開発がスタートしました。

 お子様になじみやすいようカードゲーム形式にし、カードをめくるワクワク感やチャレンジカードでの一発逆転要素を盛り込みました。また、将棋の枠を超えていろいろと遊べるように、カードに点数もつけました。マニュアルに掲載しているのは基本の遊び方なので、自分たちでお好みのアレンジを加えてもらうことも可能です。一匹一匹個性的なネコのキャラクターが、新しい将棋の魅力発見の手助けをしてくれることと思います。

 どうぞお手に取って、ご家族、ご友人と一緒に「ネコSHOGIバトル」をお楽しみください♪

【遊び方・動画】
① ネコSHOGIバトルとは

② ネコSHOGIバトル・遊び方

③ ネコの足あと・遊び方

④ ケイマールアタック・遊び方

【遊び方・マニュアル】(PDFダウンロード)
キャラクターや、遊び方の詳細が掲載されています。
すべてダウンロードして印刷しすると、冊子としていつでもご覧いただけます。
new! 遊び方マニュアルが、新しくわかりやすくなりました!(2017.5.4)
目次、ネコSHOGIバトルとは?
カード紹介(ノーマルカード、バトルカード)
カード紹介(チャレンジカード)
遊び方(ネコSHOGIバトル)
遊び方(フリーバトル、ネコちゃりん、ネコせいむ!)
遊び方(ネコの足あと、ケイマール・アタック、フーリオ3)
親子であそべるしょうぎ入門

<「ネコSHOGIバトル」についてのお問い合わせ>
   公益社団法人日本女子プロ将棋協会事務局
    〒105-0014 港区芝2-24-1-2F
    TEL:03-3457-7631(月~金10:00~17:30)
    FAX:03-3457-7632
    Mail:info@joshi-shogi.com
    http://joshi-shogi.com/nsb/

  (製作)株式会社 Smile
    〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-16-11
           スワンレイク東日本橋 5階
    Tel:03-5809-1150
    Fax:03-5839-2644
    http://www.smile-2.co.jp/

「しょうぎたいそう」完成!

ワークショップから生まれた「しょうぎたいそう」完成
11/23(祝)アパガード杯キッズ団体戦会場にて初披露


 公益社団法人日本女子プロ将棋協会(LPSA)は、株式会社ホジョセンとの共催で6 月に開催した共創ワークショップ「LPSA x CoCre」から生まれたアイディアをもとに、このたびオリジナル体操「しょうぎたいそう」を制作しました。
 「しょうぎたいそう」は、「脳の活性化を助けるエクササイズ」と言われる「ブレインジム」をベースに振りつけられ、島井咲緒里女流二段が作詞を担当しました。「ごあいさつ」「駒の動き」「将棋の戦法」などを盛り込んで、自然に楽しく将棋の世界に触れられるように作られています。

 「しょうぎたいそう」の動画は11/22(日)にインターネット上で公開します。また11/23(祝)開催の「アパガード杯・第3回将棋キッズ団体戦」会場に、歌手の嘉悦恵都(かえつ・けいと)さんが来場してお披露目をいたします。
 当協会では今後、小さい子どもからお年寄りまでどなたにでも楽しんでいただける「しょうぎたいそう」を活用し、将棋に出会うきっかけづくりをさらにすすめてまいります。

%E5%B3%B6%E4%BA%95%E9%A1%94%E4%B8%B8.jpg担当・作詞 島井咲緒里 女流二段 コメント

 「しょうぎたいそう」は、ワークショップ「Cocre・つながり編」からアイディアが生まれました。私たちの「将棋をもっと幅広い層に気軽に楽しんでもらいたい」という思いに共感してくださった皆さんのおかげで、このように素敵な曲と体操ができあがりました。
 女流棋士みんなで体操してみましたが、「体が温まるね」「気分がすっきりする感じ」「対局の休み時間に体操したら集中できそう」という声が出ています。
 今後は、体も頭もすっきりリフレッシュできるよう、LPSA主催のイベントや大会などで取り入れていきたいと思っています。みなさん、ぜひ「しょうぎたいそう」を動画でチェックして覚えてください!

「しょうぎたいそう」
製作:公益社団法人日本女子プロ将棋協会(LPSA)

作詞:島井咲緒里 女流棋士二段
作曲:池田眞也  映画監督
歌 :嘉悦恵都  役者・歌手・タレント
振付:今道久惠  ブレインジムインストラクター

プレスリリースをダウンロード(PDF)

【お知らせ】
11/23(月祝)アパガード杯・第3回将棋キッズ団体戦は、チーム参加の申込は受付終了しましたが、
しょうぎたいそうから午後の自由対局に参加したい小学生以下のお子様は当日参加を受け付けます。
大会要項⇒http://www.joshi-shogi.com/apagard/2015/10/apagard_kids2015.html
ご希望の方は、12:30に直接、大会会場の自由対局受付までお越しください。

なお、ミニイベントは大会内で行うため、一般の方(大会参加者と保護者・引率者以外)の
見学はできません。ご了承ください。

6/27(土)「LPSA x CoCre~子育て・つながり・将棋」開催

社会課題を将棋で考える! プロの女流棋士と生活者の共創ワークショップ
「LPSA x CoCre~子育て・つながり・将棋」開催


【当日の模様】
<子育て編> 
cocre0627_4.jpg
(対局デモンストレーション。子どもたちが一瞬で静まりかえりました)

cocre0627_5.jpg
(出てきたアイディアは200個以上!)

cocreサイトの「こくレポ」には当日の様子が詳しく掲載されています。
子育て編・学ぶ場:http://cocre.jp/report/1107/
子育て編・創る場:http://cocre.jp/report/1144/

<つながり編>
cocre0627_1.jpg
(はじめて将棋にふれる方には駒の動かし方からレクチャー)

cocre0627_2.jpg
(盛り上がったディスカッション)

cocreサイトの「こくレポ」には当日の様子が詳しく掲載されています。
つながり編・学ぶ場:http://cocre.jp/report/1081/
つながり編・創る場:http://cocre.jp/report/1100/

cocre0627_3.jpg
(こくりちゃんポーズで記念撮影)

 当日は延べ140名以上のご参加をいただきました。学ぶ場は、これまでの将棋との関わり方や年齢に応じて、将棋の魅力に触れていただくプログラム。創る場では、女流棋士と参加者が一緒に「将棋を楽しめるアイディア」をさまざまな角度から考えました。
 皆様からいただいたアイディアを参考に、実現へ向けて動き始めています。「LPSA x CoCre」からどんな商品やサービスが生まれるか、今後の展開にもどうぞご注目ください。

【リリース】
 公益社団法人日本女子プロ将棋協会(東京都港区、代表理事:中倉宏美、LPSA)は、株式会社ホジョセン(本社:兵庫県神戸市東灘区、代表取締役:高橋孝之)との共催で、6 月27 日(土)に生活者との共創ワークショップ「LPSA x CoCre~子育て・つながり・将棋」を開催いたします。

 「LPSA x CoCre」は、株式会社ホジョセンの提供する生活者との共創プラットフォーム「CoCre(こくり)」の第一回目の共創イベントとなります。従来プロ組織が中心となって進めている将棋の普及について、生活者の抱える課題意識に基づいた「子育て」「つながり」という2つの観点で、プロの女流棋士と生活者が一緒に考えるワークショップイベントです。

 LPSA は、日本文化である将棋の普及を通して調和の取れた社会づくりに寄与するという理念と共に、3つの「わ」を掲げています。
・ 『和』日本の伝統文化である将棋を通じて和の精神を継承し、ファンの方が和むことのできる場
を作っていきます。
・ 『話』将棋を盤上の対話ととらえ、コミュニケーションを促進し、社会貢献に努めます。
・ 『輪』ファンの皆様との交流を深め、盤上・盤外の輪を日本全国、そして世界に広げていきます。
 今回のワークショップイベントは、これらLPSA の理念に密接に基づいたものであり、将棋の普及を推進する活動となります。

 イベントは2部構成となっており、第1部「学ぶ場~子育て」編は、女流棋士として活躍しながら3 児の母親業もこなしている中倉彰子女流初段を、「学ぶ場~つながり」編は、将棋と音楽のコラボレーションから新たな人と人とのつながりを模索している島井咲緒里女流二段を囲んでセミナー形式で進行します。第2部「創る場」編は、生活者視点での将棋の価値の再発見することにより、「子育て」「地域とのつながり」それぞれについて、LPSA で実現できるような将棋に関するアイディアを生活者と女流棋士がいっしょに考えるワークショップとなります。

 本ワークショップで得られたアイディアの一部は、イベント後実際にLPSA が普及活動に取り入れます。実現型共創ワークショップイベント「LPSA x CoCre」に皆様のご参加をお待ちしています。

■「LPSA x CoCre~子育て・つながり・将棋」
『CoCre(こくり)〜学ぶ場×創る場〜』ホームページ: http://cocre.jp/

開催日:2015 年6 月27 日(土)
第1部「学ぶ場」10:00~12:00
第2部「創る場」13:00~16:00(第2 部のみの参加はできません)
定員:第1部「子育て」「つながり」各50 名 
   第2部「子育て」「つながり」各16 名
  (申し込み多数の場合、抽選となる場合がございます)
参加料:第1 部 1,000 円、第2 部 無料
担当女流棋士:中倉彰子女流初段(子育て編)
       島井咲緒里女流二段(つながり編)
参加女流棋士:中倉宏美女流二段(LPSA代表理事)
       鹿野圭生女流二段、船戸陽子女流二段
場所:神戸商工貿易センタービル26 階

お申込み:下記URL より必要事項を入力しお申込みください。
子育て編:http://cocre.jp/project/442/
つながり編:http://cocre.jp/project/791/
または、
電話 078-843-3181
メール shogi@cocre.jp
まで、お名前、年齢、お子様がいらっしゃる方は末子の年齢(子育て編ご希望の方)、棋力をご連絡ください。

%E5%AE%8F%E7%BE%8E%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg
中倉宏美LPSA代表理事コメント:

 生活者との共創ワークショップという形で、新しい将棋普及スタイルを創造していくのはとても有意義で、貴重なチャンスと思っています。生活者の方々との議論の時間を、非常に楽しみにしています。


<本件に関するお問合せ先>
日本女子プロ将棋協会(LPSA)事務局
TEL:03-3457-7631(月~金 10:00-17:30)
Mail:info@joshi-shogi.com

2014/1/26(日) 第56回1dayトーナメント「アカデミックカップ」

1日指しきり制のスピーディな対局でご好評いただいております1dayトーナメント。
2014年第1弾となる第56回は全国各地の大学・大学院法科教授の先生方が
個人協賛により「アカデミックカップ」として行われることとなりました。
形式は女流棋士8名が出場の個人トーナメント戦です。



 当協会は公益法人としまして、将棋を通じた文化振興による社会貢献に努めてまいりました。
 その中でも、「日本の将来を担って行く子どもたちに、小さい頃から将棋を通してコミュニケーション力・
集中力・忍耐力を養うこと」という教育的観点を活動の大きな柱にしております。
 この度、このような教育的な社会貢献の意義にご理解を賜り、大学教授の先生方のご支援のもと
アカデミックカップと冠した1dayトーナメントを開催する運びとなりました。この企画には、後掲のように
全国から多数の先生方にご協賛または応援をいただきました。
ここに心より厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。
 当協会は、今後も公益法人の名に恥じぬように公益事業の正道を歩んでまいります。
 将棋ファンの皆様におかれましても、さらなるご理解とご支援をお願い申し上げます。
                            2014年1月 公益社団法人 日本女子プロ将棋協会(LPSA)

協賛(敬称略) (2014.1/24更新)
上智大学法学部教授 出口耕自
元金沢大学教授 梅田康夫
名古屋大学大学院法学研究科教授 小畑郁
名古屋経済大学法学部長 富岡仁
公立大学法人大阪市立大学副学長 桐山孝信
明治大学大学院法学研究科教授 間宮勇
同志社大学法学部法律学科教授 林貴美
金沢大学理工研究域機械工学系准教授 半沢英一
慶応義塾大学大学院法務研究科教授 北居功
立命館大学大学院法務研究科教授 松宮孝明
京都大学大学院法学研究科教授 山本敬三
京都大学大学院法学研究科教授 松岡久和

応援メッセージ賛同(敬称略) (2014.1/24更新)
『私たちはLPSAを応援しています』
龍谷大学法科大学院教授 田中則夫
島根大学法科大学院法務研究科准教授 玉樹智文
慶応義塾大学法学部法律学科教授 北澤安紀
北海学園大学法科大学院教授 稗貫俊文
九州大学法学部国際関係法教授 西谷祐子
京都府立大学公共政策学部教授 中島正雄
名古屋大学大学院法学研究科教授 定形衛
愛知淑徳大学文学部教授 増井典夫


開催要項
開催日程 2014年1月26日(日) 10:00~17:00
会場 LPSA芝浦将棋サロン(会場観戦は非公開。ネット中継は行います) 中継サイト

出場選手 LPSA女流棋士8名


トーナメント表
56th_1day.gif

スケジュール(進行の都合により変更の場合があります)
10:00~ 1回戦 ☆4対局一斉に行いますが、リアルタイム中継局は2局となります。
13:00~ 準決勝
15:00~ 決勝
17:00~ 表彰式

対局規定
・持ち時間各20分、使い切ったら一手40秒の秒読み
・振り駒。千日手や持将棋(24点法)は先後入れ替えて指し直し


優勝者予想クイズ
お名前・ご住所・電話番号・優勝者を明記してこちらまでご応募下さい。
見事、的中された方の中から抽選で5名の方に、記念品をプレゼント致します。
みなさま奮ってご応募下さい。   ☆投票期間は1月26日(日)10時までです。

スポンサー募集
LPSAでは1dayトーナメントのスポンサーを募集しております。
日本女子プロ将棋協会の女流棋士を応援してくださる方、ネットに広告を掲載したい企業・法人の方
ご協賛をお願いいたします。
お問い合わせは事務局まで (tel 03-3457-7631 e-mail info@joshi-shogi.com

第3回定時社員総会のご報告

本日、日本女子プロ将棋協会(LPSA)では第3回定時社員総会を行いましたので
下記のとおりご報告いたします。

1.今回の社員総会では任期満了に伴い理事改選を執り行い、総会決議において以下の7名が理事として選任されました。
  総会後に行われた第1回理事会にて、代表理事に石橋幸緒が選出されました。
  なお、各部署の担当につきましては後日改めてお知らせいたします。

     代表理事   石橋 幸緒(再任)
     代表代行   蛸島 彰子(新任)
     名誉理事長  錦織  淳(再任)
     理  事    庄田 育夫(再任)
     理  事    大野 博幸(新任)
     理  事    大庭 美夏(新任)
     理  事    大庭 美樹(新任)

100527_all.JPG

ishibashi.JPG   新代表理事 石橋幸緒のコメント
「お陰さまでたくさんの皆様に支えていただいて、当協会も設立からなんとか丸三年を終えることができました。このたび代表理事に選ばれることとなりました。過去3年間理事経験をさせていただいたとはいえ、まだまだ若輩者でございます。スポンサー各社様、ファンの皆様に多大なるご支援をいただいて、私たち女流棋士の生活が成り立っていることを改めて心に刻んで、真摯に将棋普及発展に努めてまいります。これからも変わらぬご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。」

     




坪井工業
%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AE%EF%BC%A1%EF%BC%B0%EF%BC%A1%EF%BC%A7%EF%BC%A1%EF%BC%B2%EF%BC%A4%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC201305.jpg
株式会社マイナビ
1dayトーナメントスポンサー募集



   
LPSA所属女流棋士になるには
LPSA所属女流棋士になるには
アパガード杯特設ページ
アパガード杯特設ページ
ネコSHOGIバトル
ネコSHOGIバトル
LPSA将棋パーク
LPSA将棋パーク
しょうぎたいそう
しょうぎたいそう
TwitterLPSA公式アカウント
Twitter・LPSAオフィシャルアカウント
%E9%BA%B9%E7%94%BA%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC.jpg
麹町将棋サロン日誌
 
特設リンク
1dayトーナメント中継サイト
天河戦中継サイト
日レス杯中継サイト
LPSA将棋パーク
GSPブログ
ペア将棋選手権
LPSA将棋ツアー
公益社団法人 日本女子プロ将棋協会
〒105-0014 東京都港区芝2-24-1 2F  TEL 03-3457-7631 / FAX 03-3457-7632
Copyright(C) 2007-2014 The Ladies Professional Shogi-players' Association of Japan. All rights reserved.