LPSA公認プロ制度

3/5・6 2011年度前期LPSA公認プロ制度 第3期ツアーライセンス取得試験のご案内

下記の通り、2011年度前期のLPSA公認プロ制度、第3期ツアーライセンス取得試験を行います。

〔日時〕
 1日目 3月5日(土) 16:00集合 16:20試験開始 20:30終了予定
 2日目 3月6日(日)   9:30集合 11:00終了予定

〔場所〕 両日ともLPSA芝浦サロン(東京都港区芝浦3-15-6-2階)
      ☆地図・アクセスなどはこちら

〔試験内容〕
 1日目 筆記試験(一般常識問題と将棋常識問題)と実戦対局(2局予定)
 2日目 詰将棋トライアルと面接
      他に受験当日までに志望動機の小論文を書いていただきます。

〔受験応募資格〕
 将棋に熱意のある女性であれば基本的にどなたでも。
 年齢・棋歴は問いませんが、棋力として二段以上が望ましいです。

〔申し込み必要書類〕
 ・ツアーライセンス取得試験申込用紙 ファイルをダウンロード
 ・履歴書
 ・ご自身の直近対局棋譜2~3局分

〔受験料〕
 20,000円(再受験者は10,000円) 
 ☆アマ棋界での活躍など過去の実績により免除となる場合があります

〔申し込み先〕
 一般社団法人 日本女子プロ将棋協会(LPSA) 「ツアーライセンス試験」係まで
 〒108-0023 東京都港区芝浦3-15-6-2F

〔申し込み締め切り〕 2月28日(月)必着

〔合否発表〕 3月18日(金)頃予定

〔ツアー女子プロ活動期間〕
合格者は2011年4月1日より第3期ツアー女子プロとして1年契約で活動していただくと同時に、
3ヶ月~6ヶ月を目安とした、プロとして必須研修をLPSAアカデミーで受けていただきます。            
〔試験審判責任者〕 中井広恵女流六段・石橋幸緒女流四段

〔補足〕
 ・LPSA公認プロ制度とは http://joshi-shogi.com/gsp/lrp/lrp.html
 ・GSPについて http://joshi-shogi.com/gsp/gsp-info.html
 ・筆記試験の将棋常識問題は、将棋マナー・将棋界・定跡などの部門から出題します。
 ・実戦対局試験の対局者は基本的に受験者同士で行っていただきますが、受験申し込み人数により、当協会所属女流棋士が試験官として務めさせていただく場合がございます。
 ・実戦対局試験は一局の勝敗だけではなく、外部審査員による棋譜内容審査があります。
 ・遠方からお越しになられる方は、両日とも、試験前後の時間帯で研究会のご案内もさせていただきます。
 ・ツアー女子プロはLPSAと選手の1年契約制です。
 ・学業や就業、環境に合わせて対応していけるプロ制度を目指していますので、ぜひお気軽にご相談お問い合わせください。

〔問い合わせ先〕
 日本女子プロ将棋協会 ツアーライセンス試験係 TEL:03-3457-7631 
 E-mail:info@joshi-shogi.com
 新人育成担当 石橋 事務局 出原

LPSA公認プロ制度 第2期ツアーライセンス取得試験についてご報告

2010年度のLPSAツアー女子プロ試験結果につきましてご報告申し上げます。
今年度は2回のライセンス取得試験を予定しておりました。

前期試験日程は2010年3月13・14日でしたが受験希望者がいなかったため中止としました。
後期試験日程は2010年9月4・5日で受験者1名の試験を行いました。
その試験結果を踏まえて、審査員・外部審査員・理事会によって多角的に合否を検討しましたが、不合格となりました。

来年度は今年度同様に、2011年4月~活動分を2011年3月上旬に、2011年10月~活動分を2011年9月上旬にて第3期ツアーライセンス取得試験実施を予定しております。

LPSA公認プロ制度についてのお問い合わせはE-mail:gsp@joshi-shogi.comまでお寄せください。
    2010.9.17                        代表理事(兼新人育成担当)石橋 幸緒

LPSA公認プロ制度概要と応募要項について

 いつも当協会ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

 日本女子プロ将棋協会(LPSA)では設立当初より、女性将棋ファンの増加と、女性アマ棋界の充実、そして将来的な女流棋界発展のために様々な活動を行ってまいりましたが、唯一まだ着手できていなかったことが新人女流棋士の育成でした。
 その点につきましては皆様にご心配をおかけしておりましたが、このたびLPSA公認プロ制度の概要が固まりましたので、お知らせ致します。
 下記の「概要と応募要項」ならびに「概略ロードマップ」をご覧ください。


『LPSA公認プロ制度概要と応募要項』

・一般社団法人日本女子プロ将棋協会(以下LPSAとする)は、本制度を「LPSA公認プロ制度」とし、「ツアーライセンス取得試験」を受け合格した者を「ツアー女子プロ」とする。将来的に女流公式戦に参加できる可能性も含め、様々な活動のできる新しい形の女流棋士制度である。

・本制度は女性アマチュア選手が、女流棋士をひとつの職業の選択肢として多角的に検討できるようにし、女流棋界発展のためにも有望な女流棋士を養成できるようにするための制度である。(進学や就職、副業可能、結婚、妊娠などの女性特有の環境に沿ったプロ資格制度でもあり、また組織として技術的・精神的・社会的な研修の場を設けることで将来の女流棋界を担う女流プロ棋士養成制度でもある。)

・ツアー女子プロは女流プロ棋士と違い、LPSA内の対局には出られるがまだ公式プロ未満である。ただし今後の対局成績・普及活動・将棋に取り組む姿勢等によって女流プロ棋士として現公式棋戦主催社等および日本将棋連盟に推薦する可能性がある。

・ツアー女子プロは「LPSAアカデミー」(後述)にて原則3か月~半年(回数にして数回から12回程度までの受講)の研修を受ける義務がある。本人の申し出により研修期間を延長、または女流プロ棋士を目指すための1年研修に切り替えることも可能とする。

・ツアー女子プロはLPSA準会員としてLPSA内の対局、事業、普及に参加できる権利があるが、総会出席権・役員選挙投票権などの権利は無いものとし、対局規定やその他の規定規約は正会員と同様の扱いとする。ただし問題が生じた場合の最終決定権は理事会および正会員の総意により、その決定に原則異議は唱えられないものとする。準会員という扱いは現行一般社団法人として。今後も含め検討課題とする。

・ツアー女子プロを目指す人には原則年齢制限はないものとする。女流プロ棋士を目指す人は原則30歳までとするが、顕著なる成績や模範的な姿勢など特別有望であると認めた場合はその限りではない。

・原則として女流プロ棋士引退者にツアーライセンス取得試験資格を認めないものとする。

・ツアー女子プロ登録中は女性アマ大会には出場できない。ただし男女オープンのアマ大会には参加できるものとするが、原則個人戦のみとし、職団戦や社団戦などの団体戦には参加できないものとする。

・ツアーライセンス取得試験は原則毎年3月に行い、ツアー女子プロ登録は4月からとする。なお初年度については時期が異なる。

・ツアー女子プロ登録については、LPSA内に別途、審査委員会を作り、そこの審査を通過した者を、最終的にLPSA理事会が登録許可するものとする。なお審査委員会は数名で組織される予定。

・ツアーライセンス取得試験受験およびツアー女子プロ登録に際して師匠や保証人は特に必要としないが、未成年者の場合は保護者を保証人とする。女流プロ棋士となる場合は師匠を必要とし、師匠となる者は日本将棋連盟正会員プロ棋士または女流プロ棋士10年以上を経過しかつ初段以上とする。

・原則としてツアー女子プロ登録は年度ごとに1年更新の契約制とし、本人もしくはLPSA理事会から、互いに契約延長または契約解除を申し入れることができる。

・ツアーライセンス取得試験は受験料として2万円(再受験者は1万円)を申し受ける。(アマ棋界戦績によって受験料優遇有)受験希望者は事前に簡単な履歴書(将棋歴・アマ棋界戦績・顔写真必須)と、直近の棋譜をLPSAまで送付のこと。原則として想定外のことがなければこの時点で不合格にはならないもとする。試験内容としては「詰め将棋早解き」「定跡問題」「将棋界常識問題」「一般教養問題」「小論文」「対局マナー確認問題」「実戦対局:対戦相手は受験者同士またはLPSA女流プロ棋士・ツアー女子プロ)」「面接(得点なし)」などの総合得点80点以上を原則合格基準とする。100点満点の者は原則として研修期間を免除とする。

・ツアー女子プロ登録料として、年間3万円(登録更新料は年間2万円)を申し受ける。

・ツアー女子プロ登録をした者は原則として、現LPSA公認棋戦への出場と、準公認棋戦1dayトーナメントへの出場、LPSA事業への協力を最低限の責務とする。ただしこれは現状としての規定であって、状況により変動する。また本人の体調や実績などにより緩和される場合がある。地方在住者の場合その際にかかる交通滞在費等の経費については、原則女流プロ棋士と同様の扱いとするが、本人の取り組む姿勢やスポンサードの金額的問題や、また協会の財政によりその限りではない。

・ツアー女子プロの対局料および手当てなどの報酬金額は、原則として女流プロ棋士初段を目安とした75%分を支払うものとする。賞金も同様の扱いとする。ただし、本人の取り組む姿勢や実績により増減する可能性がある。

・ツアー女子プロには原則として段位・級位がないものとする。

・ツアー女子プロが病気・怪我・妊娠出産その他不慮の事故などで、長期出場できなくなった場合は、その時点から半年または一年の休場扱いとし、来年度の登録契約を本人と相談の上、見直すものとする。

・現在のGSP育成強化機関「中井塾」は2009年3月末日をもって終了とし、2009年4月よりGSP研修機関「LPSAアカデミー」となる。この研修機関ではプロとして必要な知識や心構えを学ぶ場として、(詰め将棋・定跡・大局観・実戦など)の技術的な研鑽から、マナー講習として(立ち居振る舞い・プロ選手としての意識・公式記録講習・指導者としての講習・将棋関係での仕事上の注意・将棋の歴史など)最低限の知識や常識を習得し、プロ論(栄養学・集中法・姿勢・心構え・プロとは・対局前後数日の過ごし方・他業界のプロなど)を修養していく目的がある。あくまでもプロとして、LPSAの代表選手として活躍していくことを前提としており、LPSAとしてどこに出しても恥ずかしくない女流プロ棋士の育成を目指しているものである。なお、ツアー女子プロ登録をせずに、一般生徒として上記研修だけを受けることも可能とする。

・ツアー女子プロから女流プロ棋士へは、〈公認棋戦優勝1回、ないし準優勝2回〉〈1dayトーナメント優勝通算3回、または5回以上出場でベスト4以上が通算8割以上〉〈LPSA通算対局数が21局以上で勝率6割6分以上〉などの成績を上げた場合に、現公式棋戦主催社等への推薦する可能性と考えられる。または上記成績に多少おとる場合であっても、取り組む姿勢などを優秀と認め理事会が女流棋界にとって必ずや有益であると認めた場合を、現公式棋戦主催社等への推薦の範疇とする。

・上記の通りツアー女子プロから女流プロ棋士になれる可能性の道筋があるとともに、女流プロ棋士からツアー女子プロに登録変更することも可能だが、原則として一度女流プロ棋士になった者がツアー女子プロ登録をした場合、女流プロ棋士に再度戻ることはできないものとする。なお、現役女流プロ棋士がツアー女子プロに登録変更した場合は、そのまま正会員扱いとする

附則:本制度は今後状況により現実的な適応に則して内容を改良および変更していくことがある。


『LPSA公認プロ制度概略ロードマップ』

2009y03m06d_005407250.jpg

 最初はLPSA専属の女流プロということで「ツアー女子プロ」というかたちを考えており、その後、協会内の公認棋戦の成績や、プロとして相応しい姿勢等をLPSA理事会として認められれば、主催関係各社様に公式棋戦に出場させていただけるよう推薦させていただく可能性を、予定として考えております。
 まだまだできたばかりの新制度ですので、これから先LPSAとしても様々な調整や改良を重ねていく必要があると考えております。皆様からのご意見ご感想などもご参考にさせていただきながら、「プロとファンがともに育てていく新人女子プロ(女流プロ)」の制度構築をしていきたいと思っておりますので、ご理解のほどお願い申し上げます。

 なお、本制度施行に先駆けて、現在の中井塾の生徒につきましては、昨年5月より研修を積んできていますのでその点を考慮しまして、3月7日・8日の両日にてツアーライセンス取得試験を行いますことをご報告させていただきます。試験の合否結果につきましては後日ホームページ上にて発表させていただきます。
 一般の方で受験を希望される方につきましては、今夏中旬頃を試験予定として検討しておりますので、詳細につきましては追って発表させていただきます。

 本制度に関してのご質問やご意見ご感想などは、
TEL:03-3915-0931/FAX:03-6413-0934 Eメール:info@joshi-shogi.comまでお願いいたします。

 
%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AE%EF%BC%A1%EF%BC%B0%EF%BC%A1%EF%BC%A7%EF%BC%A1%EF%BC%B2%EF%BC%A4%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC201305.jpg
住まいと保険と資産管理
テラスデザイン研究所
1dayトーナメントスポンサー募集
 
はじめてのしょうぎセット
はじめてのしょうぎセット
オフィシャルサイト
ショウギショコラ
ショウギショコラ
オフィシャルサイト
将棋次の一手ぴょん!
問題追加しました!
%E5%85%AC%E7%9B%8A%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC%EF%BC%94.gif
公益寄付のご案内
LPSAオンラインショップ
LPSAオンラインショップ
教室ブログ
芝浦サロン日誌
ファンクラブMinerva
ファンクラブMinerva
TwitterLPSA公式アカウント
Twitter・LPSAオフィシャルアカウント
芝浦サロン・女流棋士プライベートレッスン
芝浦サロン・女流棋士
プライベートレッスン
あっこ&ひろみのPositivedeGo!
あっことひろみのPositive de Go
動画配信版はこちら
 
特設リンク
1dayトーナメント中継サイト
天河戦中継サイト
日レス杯中継サイト
LPSA将棋パーク
GSPブログ
ペア将棋選手権
LPSA将棋ツアー
検索
公益社団法人 日本女子プロ将棋協会
〒108-0023 東京都港区芝浦3-15-6 2F  TEL 03-3457-7631 / FAX 03-3457-7632
Copyright(C) 2007-2012 The Ladies Professional Shogi-players' Association of Japan. All rights reserved.