header.png

« 第18回1DAYトーナメント・ファミリーカップ | メイン | 異業種交流展示会・将棋ブース出展 »

ひとこと日記#165

ひえです。先日四谷のおもちゃ美術館で開催された第9回おもちゃフォーラムで、急遽将棋体験コーナーを出させていただきました。
おもちゃ美術館は以前息子と子供番組で見たときから「一度行きたい!!」と惚れていた空間で、小学校の校舎を丸ごと改造して、世界各国の素敵なおもちゃが体験できる夢のような空間です。普段はボードゲームの体験会や、手作りおもちゃ体験など、楽しい催しを行っています。

おもちゃフォーラムは1年に1度のお祭りで、日本各地のおもちゃ屋さん、手芸屋さん、ボードゲームの方々が一同に揃ってブースを出展しています。ここでしか見られないおもちゃも沢山あるということで、来場者も遠方の方がたくさん!
LPSAは、この夏大活躍した「将棋のルールを書いたうちわ」を持参。また開発中のカラー駒、動物駒で遊んでもらいました。

DSC00107.JPG

こちらは私がデザイン、北尾さんがルール考案した3×4のミニチュア将棋。すぐに駒がぶつかるので、将棋のエッセンスを理解するにはうってつけです。

DSC00114.JPG

予想外に反響があり、販売用に用意したものが午前中で完売してしまいました。午後からも問い合わせがかなりあり、予約を受け付ける事態に。
来てくれた方は女性と子供が多かったのですが、「これならやってみたい」「初めて将棋を指したけど面白かった」「家に将棋盤があったけど、やっと意味がわかった」「子供に教えたいけど何歳からできるか」などなど、大好評。

DSC00122.JPG

カラー駒はぜひぜひ積み木のように遊んでもらいたい!と思っていたら、ほんとに2歳、3歳の子が遊んでくれました。集中するお子さんを見て、お母さんも満足げです。

ここまで将棋を受け入れてもらえるなんて、こちらも驚きでした。やっぱり最初に動かし方を覚えたときの気持ち、今は忘れてますからね・・。単純に「おもしろい!」と言われて、すごーく新鮮で、うれしかったです。

今は将棋盤がある家が少なくなったこともあり、これからはお母さんが子供に買って教える時代になると考え、お母さんが欲しくなるような将棋ツールを作りたいなーと思っていたので、この日の反応には本当に感動。まさに夢が叶った!という感じです。
動物駒を買ってくれた方には、保育園のスタッフもいて、5歳児クラスで遊ばせるとのこと。保育園もいつかめぐりたいなーと思ってたので、もうほんと涙ものです。

また一方で、これだけ将棋の需要があるなら、もっと期待に応えられるようにがんばらなくては、と思いました。

ブースの模様はおもちゃ美術館のブログにも掲載されています。この機会を与えてくださったおもちゃフォーラムの関係者のみなさま、企画をまとめてくれた北尾さん、ありがとうございました。

(藤田麻衣子)

   




%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AE%EF%BC%A1%EF%BC%B0%EF%BC%A1%EF%BC%A7%EF%BC%A1%EF%BC%B2%EF%BC%A4%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC201305.jpg
住まいと保険と資産管理
テラスデザイン研究所
1dayトーナメントスポンサー募集



   
LPSA所属女流棋士になるには
LPSA所属女流棋士になるには
LPSA将棋パーク
LPSA将棋パーク
将棋次の一手ぴょん!
次の一手ぴょん!で実力アップ
%E9%BA%B9%E7%94%BA%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC.jpg
麹町将棋サロン日誌
はじめてのしょうぎセット
はじめてのしょうぎセット
ショウギショコラ
ショウギショコラ
オフィシャルサイト
TwitterLPSA公式アカウント
Twitter・LPSAオフィシャルアカウント
 
特設リンク
1dayトーナメント中継サイト
天河戦中継サイト
日レス杯中継サイト
LPSA将棋パーク
GSPブログ
ペア将棋選手権
LPSA将棋ツアー
公益社団法人 日本女子プロ将棋協会
〒105-0014 東京都港区芝2-24-1 2F  TEL 03-3457-7631 / FAX 03-3457-7632
Copyright(C) 2007-2014 The Ladies Professional Shogi-players' Association of Japan. All rights reserved.