日本女子プロ将棋協会

R E P O R T

REPORT 2018.10.04

日本女子プロ将棋協会 公認インストラクター制度について

協会公認インストラクター制度について
                    2018年9月
                公益社団法人 日本女子プロ将棋協会
     
 日本女子プロ将棋協会(LPSA)では、普及活動をさらに充実させるため、インストラクター制度の見直しを行い、2016年1月1日より、諸要件を満たした上で申請すれば、どなたでも「LPSA公認インストラクター」の資格を得られる公募制となりました。
 私たちは協会設立以来、ひとりでも多くの方に将棋の楽しさや奥深さを知っていただきたい、という理念のもとで活動してきましたが、さらに将棋の輪を広げていくために、ぜひ多くの方に当協会の活動方針に賛同し、協力していただきたいと願っています。
 LPSA公認インストラクターとなられた皆さんには、協会所属女流棋士とともに、子どもたちや女性対象を中心とした将棋普及活動に携わっていただき、「将棋に出会えてよかった」という方を増やしていきたいと考えております。
 個々のインストラクターの棋力、資格やスキル、ご希望に合わせた活躍の場を提供できるように努めてまいります。ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。

<申請方法>
・下記3研修をすべて修了したら、3種の受講証明書と協会所属女流棋士の推薦書を添えて、登録申請書をご提出ください。理事会の審査の上、「LPSA公認インストラクター」に認定します。
・種別 条件に応じて入門、中級、上級のいずれかになります。
・登録料 10,000円(新規)
・会費 新規登録:1~12月単位、2年間で10,000円。年の途中での登録は月割(500円)+5,000円(1年分)
    更新:10,000円(2年間)
(特典)
(1)協会公認インストラクター認定証(写真付き)の交付
(2)スターターセット(はじめてのしょうぎセット、入門ドリル、初心者に教えるための将棋指導てきすと)の配布 
   ж新規登録対象
(3)協会グッズ割引(一部除外あり)
(4)インストラクター講習会、教え方講座への無料参加
(5)協会主催イベントの仕事の斡旋(教室、カルチャースクールなど)
(6)インストラクターが主宰する講座・教室におけるインストラクター資格名称の使用(協会の事前許可、事後報告が必要)
(7)インストラクターが主宰する講座・教室用に協会名記載の段級位認定証の発行(有料・希望者対象)
(8)インストラクターが主宰する大会における、協会名入りの賞状の交付
(9)名刺作成(有料・希望者)

<研修について>
(1)研修期間
  ・最初の受講証明書発行から2年以内(受講者のペースに合わせて研修期間を選べます)
(2)研修内容
  1)教え方講座
  2)インストラクター講習会
   1)2)の受講料はそれぞれ2,000円、同日開催の場合は2,000円で受講できます。
   修了後、それぞれ受講証明書を発行。初心者に教えるための将棋指導てきすと付き
  3)入門講座アシスタント(実地研修)
  ・受講料なし  :修了後受講証明書を発行。
  それぞれの受講証明書の有効期限は発行日より2年間です。
(3)2018年研修日程(予定)
  ・教え方講座:3月21日(けやきカップ内・開催済み)、7月20日(済)、10月26日、12月
  ・実地研修:3月21日(けやきカップ内・開催済み)、
   7月28日、9月22日、10月27日、11月17日、2019年1月(GSPレッスン内)
   10月14日(アパガード杯キッズ団体戦内)、他

当制度について、詳しくは事務局までお問い合わせください。
      
お問い合わせ 公益社団法人日本女子プロ将棋協会事務局
           〒105-0014 東京都港区芝2-24-1-2F
            TEL:03-3457-7631(月~金10:00~17:30)
            FAX:03-3457-7632
            Mail:info@joshi-shogi.com